友好都市:萩・石見空港(島根県益田市)

観光紹介

【日本遺産】石見神楽
神楽とは、日本の神事において神に奉納するための歌舞であり、島根県西部の石見地域で演じられるものを特に石見神楽と言います。石見神楽はスピード感あふれるノリの良い舞が特徴で、一昨年のアクア文化ホールでの公演では豊中市民の皆様よりご好評をいただきました。昨年度には「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」として、日本遺産に登録されました。
【日本遺産】医光寺
世界10大文化人である禅僧・雪舟が第7代住職を務めたお寺です。雪舟が手がけた庭園には、毎年3月半ばには枝垂桜が華やぎを添え、市内外から多くの観光客が訪れます。庭園は今年6月「中世日本の傑作 益田を味わう―地方の時代に輝き再び―」として、他25の構成文化財と共に日本遺産に登録されました。
【日本遺産】萬福寺
中世に益田を治めていた益田氏が、雪舟に作らせた庭園が残っています。事前に予約をすれば、お抹茶をいただきながら庭園を楽しむことができます。
高津柿本神社
益田市は「和歌の神様」柿本人麿が晩年を過ごした地として有力候補の一つとなっています。柿本人麿を祀る高津柿本神社では、毎年9月1日には八朔祭が行われ、古式豊かな流鏑馬神事が催されます。
石号記念館
小型日本犬・柴犬は、昭和の初めに益田市美都町にいた石州犬「石号」がルーツとされています。記念館に建てられた石号の石像には「石」という隠し文字があり、見つけた人は強運の犬・石号の運をいただけるかもしれません。

グルメ紹介

縦長の特徴的な形で、強い甘みが絶品です。
中世お弁当
益田氏が毛利氏をもてなした際にふるまった祝い膳。このお弁当では、古文書に記された当時の献立を参考にした創作料理を楽しむことができます。

おみやげ紹介

ゆずっこ
爽やかなゆずと蜂蜜のやさしい甘み!子どもも大人も大好きな、益田市民お気に入りのゆずドリンクです。
真っ赤な益田SUNトマトジュレ
太陽をいっぱい浴びて育ったトマトを丸ごと1個使いました。冷凍しても美味しいです!

益田市観光協会ホームページ

風光明媚な益田市へようこそ 益田市観光協会のサイトです。