兄弟都市 沖縄市バーチャル観光

 兄弟都市宣言

「豊中市と沖縄市の友好は昭和39年沖縄市が第2次世界大戦の戦没者遺族のために、豊中市に霊石と仏桑華を送ったことにはじまる。
以来、両市は都市問題、教育文化の交流を重ね相互の理解と信頼を深めてきた。

この歴史的背景のもとに、更に両市の友好と市民相互の交流を深め、市民福祉と平和を祈念してここに兄弟都市であることを宣言する。
昭和49年11月3日。豊中市長、下村輝雄、沖縄市長、町田宗徳

豊中市と沖縄市は、昭和40年から「豊中学校」と呼ばれる、コザ市職員が豊中市に訪れる職員研修が始まるなど、長い期間をかけて交流を深めてきました。姉妹都市ならぬ『兄弟都市』は、沖縄の「いちゃりばちょーでぇ(出会えば皆、兄弟)」という言葉に由来しているそうです。

平成9年に「市民がつくる市民のまつり」となった豊中まつり以来、毎年、沖縄の文化や芸能の紹介など市民同士の交流も続いています。平成26年には、兄弟都市提携40周年を迎え、「市民大交流会」も開催されました。

豊中市役所前にあるシーサーも、第2庁舎の竣工記念として、沖縄市民から寄贈されたものだそうです! ぜひ足をとめて見てみてくださ

沖縄観光地紹介

東南植物楽園

約1,300種類の植物が、季節ごとに異なる表情を見せてくれます。地元食材をふんだんに使ったメニューが揃うレストランや、異国情緒あふれるガーデンウェディングができる日本最大級の屋外植物園です

コザゲート通り

米軍基地のゲート(出入口)を起点として、米軍統治下の雰囲気を今でも残す異国情緒あふれる通りです。パブやライブハウスなどが立ち並び、ナイトスポットとしても人気があります。

一番街商店街

沖縄で初めてアーケード化した商店街で、老舗の呉服店や生活雑貨店と、大衆居酒屋やシアタールームの新しい店舗が融合した魅力的で面白いアーケード街です。

沖縄こどもの国

琉球弧に生息する生き物をはじめ150種類の生き物を飼育している動物園や、不思議や驚きを見つけることができる子供向けミュージアムなどがあるテーマパークです。

沖縄市戦後文化資料展示館ヒストリート

沖縄戦の公式な終結から沖縄市誕生までを肌で感じられる貴重な資料がギッシリ詰まった展示館です。出入口には実物サイズの米軍基地フェンス、街並みのジオラマなど、多数展示しています。

沖縄グルメ紹介

沖縄おみやげ紹介

沖縄みやげにオススメの名産品を紹介!老若男女だれもが喜んでくれる珠玉の逸品揃いです。
地元民も自分用に買い込む人気の商品にも注目です!

コザウェブ|沖縄市観光ポータル

沖縄市の観光情報サイト「コザウェブ」では、沖縄市内で行われるイベントをはじめ、
飲食店グルメ情報、無料Wi-Fiスポットのサービスエリア、
コザの穴場スポットを紹介するコザの裏側など観光や旅行に役立つ情報が満載です。